個人再生の妨げに

不動産担保ローンとは

一定の条件の下、借金を大幅に減額できる個人再生という制度は住宅を守りながら借金を整理できる有益なものですが、不動産担保ローンなどを利用していると住宅は守ることができません。

メインイメージ

個人再生の妨げに

借金の返済で追い込まれ自己破産する人も少なくありませんが、そんな個人を守るため、民事再生法の特例で一般に個人再生と呼ばれる、借金を大幅に減額できる制度があり、自己破産のように引っ越しの制限や特定の職業に就けなくなる等々の制約がないため借金で首が回らないという人には大変ありがたい制度ですが、あくまでも債務の減額であり、自己破産のように支払い額がゼロになることではありませんので注意が必要です。

また、この制度は誰でも利用できるものではなく、借金総額が5000万円以内であること、給与など安定した収入が得られ、減額された借金を3年以内に返済する能力があること等々の諸条件を満たすことが必要であり、借金の減額については、まず住宅ローンと一般債務にわけて考えられ、一般債務については最大で100万円にまで減額することが可能でありますが、住宅ローンについては減額が一切されないものの住宅を取り上げられることがなくなり、個人が再生するためには住宅は必要不可欠なものであるため住宅を手放さずにすむことは心身ともに大変有益だといえますが、不動産担保ローンなどの担保になっている場合には住宅を残すことはできなくなるので、住宅を守りながら借金を整理できるという個人再生制度最大の強みを利用できないこととなります。

Copyright (C) www.lemonadedietpro.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンとは